代替の無いバイク、それがハーレー

バイクにあまり興味が無くても、
名前だけは聞いたことがあるという方も多いハーレーダビットソン。
どこに魅力を感じるかは人それぞれですが、
最大の特徴はエンジン音でしょうか。
大排気量空冷Vツインエンジンから出される、
三拍子や不規則と評されるビートは他では味わえない鼓動感です。

そして無駄とも思えるほどに大きな車体と重さも特徴の一つです。
日本の狭い道路を走るのには不向きな程の車幅を持ち、
480kg超えの超重量級のバイクを乗りこなすのは、
征服欲も満たされて、何とも言えない充足感が味わえます。

前傾姿勢で乗る一般的なバイクとは違い、
ハーレーはシートの位置が低く作られているので、
上体を起こして乗るそのスタイルに魅力感じるライダーも多いようです。

厳ついボディで直進走行時の安定性は素晴らしく、
その厳つさ故にコーナリング時の操作の微妙さも魅力です。
速度とカーブの加減で車体を傷つけやすいので、
それを短所ととるか、手間のかかる可愛いヤツと思うかは人それぞれですが。

カスタムパーツの充実もまた大きな魅力です。
自分の好みに合わせて手を加え始めると愛着も増し、
更にカスタマイズしたくなるから面白いです。
エンジン音と独特なフォルムと重量、カスタマイズ性、
どれも一番に決められないほどそれぞれ魅力を感じます。

短所としては燃費が悪く、本体もパーツも金額が張る事でしょうか。
ハーレー愛好者にはその高い維持費もまた可愛く思えてしまうのですが。
あれこれ並べ立てはしまましたが、
結局のところ「ハーレーは恰好良い」とその一言です。