CD125という気軽なレトロバイク

私の愛車はホンダのCD125です。購入したの平成23年の秋ごろです。

購入したいきさつですが、本当でしたら映画「大脱走」に出てくるスティーブ・マックインが乗っているような、レトロ感があるバイクが欲しかったのですが、ハーレーはかなり高価で大型ですし、400cc以下でもアメリカンはちょっとちがうな~、と思いネットで検索していたところ、CD125を塗装やパーツ交換してレトロバイク風にしている写真やサイトを発見。まさにこれだ、軽量で原付2種でコストもコストも大きさも重さもすべてパスだ!と思い購入しました。

購入して最初に悩んだのはそのハンドルとメーターです。このバイクはマフラーが、左右2本出しと非常にかっこいい後姿をしていると思うのですが、フロント特にハンドルとメーターがおしゃれでない欠点があります。ですので、ハンドルはロータイプのバーハンドルに交換、メーターは南海部品でセールしてました、小さなアナログメーターに交換しました。

あと、後部の荷台も生活感丸出しでしたので取り外し、二人のしたかったので友人の家に転がっていたスティードのコブラシートの一部を切り取り、金具で取り付けてちょっと小さなタンデムシートを取り付けて完成です。イメージ通りにかなり満足しました。特に友人のお父さんには大絶賛されました。

ただ弱点もたくさんありました。昔のバイクなので耐久性とくにタイヤは細く弱いので何度かパンクします。でも、コンパクトでありながらの重厚感にレトロですが、マフラー二本だしの感じがとてもかっこいいと、今でも流行のアメリカンを見ながら思う今日この頃です。

たまには断食で腸内をスッキリと

ダイエット目的で断食をする若い女の子が増えてるという話を聞いた。自分もプチ断食的なことを年に数回する。自分はダイエット目的というより、胃腸の健康など体調を考えて行う。食事を一切摂取しないといういつもしないことなのでいろいろなところにその効果が出てくる。

まず、いつもすることとしては食事はしないが水分はしっかりと摂取するので、水やお茶に加え野菜ジュースのようなものも用意しておく。野菜ジュースに関してはどうしようもなく辛くなった時の為の予備であってほとんど飲むことはない。

丸一日何も食べないでいると翌日頭がスッキリしていることに気付く。個人差もあるようだが自分の場合はいつも頭が冴えてくる。そして、夕方から夜にかけて宿便が出ることがある。宿便とは、腸内に長期間滞留している糞便のことで、断食などをすると排出されることがあるようだ。

頭はさえ、腸内もすっきりし、カラダの無駄なむくみもなくなってくる。さらに頑張れる時は、3日目に突入することもあるのだが体調が良くなってきたと自分で判断した時は、2日で終えてしまう。ダイエット目的の断食でもないので無理せず行っている。

断食後、初めて食事をする時は気を付けなければならない。休んでいた腸内にいきなりいつも通りの食事を放り込むことは出来ないからだ。腸にやさしくおかゆのさらにふやかしたものを食事として食べて、休んでいた腸を徐々に食事に慣れさせていく。

これを年に3~4回やっていると腸の調子が良くなり、体調の改善にもつながってくるのである。

安心して買い取りしてもらいました

愛車だったカワサキZRX400のキャンディライトニングブルーローソンカスタムの買い取りをお願いした時の話です。長く乗っていたのですが、乗らない時期が多くなり車検が近づいていたため売却しました。

一度転倒してしまった時にエンジンカバー部分のボルトが削れて通常ではボルトを緩めることはできないと思われるほどのキズがありました。

見積もりだけでもと思い電話をかけると快く案内してくれました。出張査定をお願いしたのですが、訪問の日時などをその時点で決めたと思います。

到着したスタッフさんにはとても好印象を受けました。丁寧にバイク買取に関する説明をして頂き、安心して査定をお願いできました。車体全体をくまなくチェックし、時折愛車に関する詳しい質問も受けました。愛車の扱いもとても丁寧で心地よく感じました。カスタムパーツを装着していたのですが、純正の部品があればと助言をいただき査定額がアップしたのがうれしかったです。

希望以上の査定額だったので、当初見積もりだけを考えていたのですがその場で売却をしました。個人売買で自分が動く手間を考えるととても良かったなと思います。

余談ですが、担当のスタッフさんの計らいで当時キャンペーンだったラジオCMを聞いたと言うと査定額アップしますと教えてくれました。

代替の無いバイク、それがハーレー

バイクにあまり興味が無くても、
名前だけは聞いたことがあるという方も多いハーレーダビットソン。
どこに魅力を感じるかは人それぞれですが、
最大の特徴はエンジン音でしょうか。
大排気量空冷Vツインエンジンから出される、
三拍子や不規則と評されるビートは他では味わえない鼓動感です。

そして無駄とも思えるほどに大きな車体と重さも特徴の一つです。
日本の狭い道路を走るのには不向きな程の車幅を持ち、
480kg超えの超重量級のバイクを乗りこなすのは、
征服欲も満たされて、何とも言えない充足感が味わえます。

前傾姿勢で乗る一般的なバイクとは違い、
ハーレーはシートの位置が低く作られているので、
上体を起こして乗るそのスタイルに魅力感じるライダーも多いようです。

厳ついボディで直進走行時の安定性は素晴らしく、
その厳つさ故にコーナリング時の操作の微妙さも魅力です。
速度とカーブの加減で車体を傷つけやすいので、
それを短所ととるか、手間のかかる可愛いヤツと思うかは人それぞれですが。

カスタムパーツの充実もまた大きな魅力です。
自分の好みに合わせて手を加え始めると愛着も増し、
更にカスタマイズしたくなるから面白いです。
エンジン音と独特なフォルムと重量、カスタマイズ性、
どれも一番に決められないほどそれぞれ魅力を感じます。

短所としては燃費が悪く、本体もパーツも金額が張る事でしょうか。
ハーレー愛好者にはその高い維持費もまた可愛く思えてしまうのですが。
あれこれ並べ立てはしまましたが、
結局のところ「ハーレーは恰好良い」とその一言です。

冬本番の寒波がやってきた

いよいよ冬本番といった感じで空気が冷たくなってきました。
海沿いの地域では大雪になっているようで、
ニュースでは人の背丈ほどの積雪が報道されています。
毎年この時期になると思うのですが、
雪国で生活されている方は本当に大変だなと感じます。
一日の時間の大半を使って除雪作業されていますからね。

生活するには寒くてツライ冬の季節ですが、
夜空を楽しむという観点では空気が澄んでいて良い季節です。
冬の星座と言えば都会でもオリオン座やふたご座、
コンディション次第でおうし座やおおいぬ座も観れます。
あとは冬の大三角も都会で確認できる星座のひとつです。
これらを探すコツは南の空でオリオン座を見つけること。
他の星座はオリオン座の周りにあるので、
ここさえクリアできれば探すのは比較的簡単だと思います。

このような星座を楽しめるのも冬の醍醐味。
寒いからと下ばかり向いて歩くのは勿体ない!
いつもの帰り道で少し夜空を見上げてみては如何でしょう。
天気が良ければ寒さを忘れるほど美しい星空が見れるはずです。