安心して買い取りしてもらいました

愛車だったカワサキZRX400のキャンディライトニングブルーローソンカスタムの買い取りをお願いした時の話です。長く乗っていたのですが、乗らない時期が多くなり車検が近づいていたため売却しました。

一度転倒してしまった時にエンジンカバー部分のボルトが削れて通常ではボルトを緩めることはできないと思われるほどのキズがありました。

見積もりだけでもと思い電話をかけると快く案内してくれました。出張査定をお願いしたのですが、訪問の日時などをその時点で決めたと思います。

到着したスタッフさんにはとても好印象を受けました。丁寧にバイク買取に関する説明をして頂き、安心して査定をお願いできました。車体全体をくまなくチェックし、時折愛車に関する詳しい質問も受けました。愛車の扱いもとても丁寧で心地よく感じました。カスタムパーツを装着していたのですが、純正の部品があればと助言をいただき査定額がアップしたのがうれしかったです。

希望以上の査定額だったので、当初見積もりだけを考えていたのですがその場で売却をしました。個人売買で自分が動く手間を考えるととても良かったなと思います。

余談ですが、担当のスタッフさんの計らいで当時キャンペーンだったラジオCMを聞いたと言うと査定額アップしますと教えてくれました。

代替の無いバイク、それがハーレー

バイクにあまり興味が無くても、
名前だけは聞いたことがあるという方も多いハーレーダビットソン。
どこに魅力を感じるかは人それぞれですが、
最大の特徴はエンジン音でしょうか。
大排気量空冷Vツインエンジンから出される、
三拍子や不規則と評されるビートは他では味わえない鼓動感です。

そして無駄とも思えるほどに大きな車体と重さも特徴の一つです。
日本の狭い道路を走るのには不向きな程の車幅を持ち、
480kg超えの超重量級のバイクを乗りこなすのは、
征服欲も満たされて、何とも言えない充足感が味わえます。

前傾姿勢で乗る一般的なバイクとは違い、
ハーレーはシートの位置が低く作られているので、
上体を起こして乗るそのスタイルに魅力感じるライダーも多いようです。

厳ついボディで直進走行時の安定性は素晴らしく、
その厳つさ故にコーナリング時の操作の微妙さも魅力です。
速度とカーブの加減で車体を傷つけやすいので、
それを短所ととるか、手間のかかる可愛いヤツと思うかは人それぞれですが。

カスタムパーツの充実もまた大きな魅力です。
自分の好みに合わせて手を加え始めると愛着も増し、
更にカスタマイズしたくなるから面白いです。
エンジン音と独特なフォルムと重量、カスタマイズ性、
どれも一番に決められないほどそれぞれ魅力を感じます。

短所としては燃費が悪く、本体もパーツも金額が張る事でしょうか。
ハーレー愛好者にはその高い維持費もまた可愛く思えてしまうのですが。
あれこれ並べ立てはしまましたが、
結局のところ「ハーレーは恰好良い」とその一言です。

冬本番の寒波がやってきた

いよいよ冬本番といった感じで空気が冷たくなってきました。
海沿いの地域では大雪になっているようで、
ニュースでは人の背丈ほどの積雪が報道されています。
毎年この時期になると思うのですが、
雪国で生活されている方は本当に大変だなと感じます。
一日の時間の大半を使って除雪作業されていますからね。

生活するには寒くてツライ冬の季節ですが、
夜空を楽しむという観点では空気が澄んでいて良い季節です。
冬の星座と言えば都会でもオリオン座やふたご座、
コンディション次第でおうし座やおおいぬ座も観れます。
あとは冬の大三角も都会で確認できる星座のひとつです。
これらを探すコツは南の空でオリオン座を見つけること。
他の星座はオリオン座の周りにあるので、
ここさえクリアできれば探すのは比較的簡単だと思います。

このような星座を楽しめるのも冬の醍醐味。
寒いからと下ばかり向いて歩くのは勿体ない!
いつもの帰り道で少し夜空を見上げてみては如何でしょう。
天気が良ければ寒さを忘れるほど美しい星空が見れるはずです。

不倫ドラマが再びブーム

不倫をテーマにしたドラマが高視聴率を記録している。
人気不倫ドラマといえば「金曜日の妻たち」などが有名だが、
これまでの不倫ドラマは基本的に男が女性を誘い、
ズルズルを深い関係に堕ちていくのが定番だった。

しかし今人気の「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」の場合は、
女性が主導となって男性を誘い、
最初は抵抗していた男性が徐々に不倫にはまっていく。
つまりこれまでのパターンと真逆なのだ。

これには時代背景が影響していると考えられる。
かつて「金曜日の妻たち」が流行ったときはバブル期で、
世には肉食系の男子が溢れていた。
それが現在では男性の草食化が進んでおり、
街でナンパする男性を見かけることは殆どなくなった。

つまり「男性が女性を誘惑する」というシチュエーションより、
「女性が男性を誘惑する」という方が時代的にしっくりくるのだ。
このあたりが高視聴率となっている理由かと思われる。
その「昼顔~」もいよいよ物語はクライマックス。
どんな結末が待っているのか楽しみだ。

新型レクサスCTに乗ってみました

この春マイナーチェンジによって新しくなったレクサスCT。
トヨタの上級ブランドとなるレクサスの中ではスタンダードモデルだが、
それでも価格は360万円からと国産としては高い部類。
価格に見合う満足感はあるのかが気になって試乗してみた。

まず試乗車として用意されていたのは最上級グレードの「バージョンL」。
ベースグレード車に17インチアルミや本革電動シートを加え、
安全装備もふんだんに盛り込み価格も460万円となる。

ct2

まず乗り込んだ瞬間に感じたのは運転席の包まれ感。
最適なシートポジションを取るとクルマと一体化したような感覚で、
長時間運転しても疲れない姿勢を簡単に作ることができる。
へッドスペースが低いためやや圧迫感があるものの、
デザインと居住性のバランスは良いと言えるだろう。
ただし後部座席のスペースはやや狭く、
大柄な男性が長時間座るには少々狭いスペースだ。

走り出すとハイブリット車特融の静粛性を発揮する。
パワー面は街中での走行には必要十分だったが、
高速道路で90キロを超えたあたりからパワー不足を感じた。
追い越し車線をキープするような走りは少しツライかもしれない。
しかし直進安定性の高さは特筆もので、
レールの上を走行しているような感覚の走りが体感できる。

総合的には相当高いレベルを感じたレクサスCT
プリウスにプラス100万円程度の上乗せなら、
かなり満足度の高いクルマではないだろうか。
レクサスのブランドに魅力を感じるならお買い得なクルマだろう。